\即日キャッシングおすすめ1位/

トップページ

「急な出費で今すぐ現金が必要」
「給料日までにお金が足りない」

今すぐお金がいるけどどうすればいいのか分からないという方のために、大手の会社が運営していて金利が安心の即日振込キャッシングをご案内します。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日振込キャッシングはこちら

<24時間365日申込OK! スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

キャッシングの基礎知識コラム

世にさまざまある金融を取り扱う業者によって借りることができる金額の上限が異なっており、小規模な取り引きやその日限定の融資だけでなく、300万円から500万円など数百万にも及ぶほど大きな融資も手軽に利用することが可能な時代となりました。

申し込んでから実際に融資を受けるまでに時間があまりかからず、すぐにでも必要な分のお金を手に入れることが可能なのでとても役立つものとして利用している人も少なくありません。

それぞれの金融機関が発行する専用カードで借りるというのが方法として最も一般的でしょう。

生活保護の受給者が急にまとまったお金が必要になった時はどうすればよいのでしょうか。

生活保護は収入とはみなされない為、キャッシングは利用できません。

時々、虚偽の申請をしてキャッシングを使おうとする生活保受給者もいますが、嘘がバレれば生活保護が打ち切られるリスクがあります。

借入返済手続もATMや窓口から現金で直接行うなどしてさまざま根回しをしてみたところで、何かのキッカケで明るみになるケースは多いものです。

お金が必要なあまりに、生活保護でも審査なしで融資可能と謳っているような業者に手を出す人もいますが、このようなところは悪徳な金融機関や闇金なので、一度でも使ってしまうと、人生が台無しになります。

親や親族からお金を借りる場合の心象がよい言い訳として、1人暮らしをしていて突然会社から解雇を言い渡されて生活していくことができなくなったり、生活をしていて学費が底をついたりなどのやむを得ない言い訳を話す事です。

娯楽費などの生活に必須でない言い訳を言う事は、避ける方が借りやすくなります。

キャッシングは総量規制の制度によって、借入可能な額は制御されてしまいます。

借入がありなしによっても変わってきますから、可能であれば借金を少なくしてから、申し込みをするようにしてください。

年収の3分の1を超える借入ができないということは知っておいていただきたいです。

お金を方々から借り尽くし、最後の頼みと闇金に手を出してしまうことがあるとは、ニュースやドラマで見たことがありますが、闇金からの借り入れについては、どんなものだとお考えですか。

一度足を踏み入れたが最後、死ぬまで逃れられないような気もします。

でも、いつになっても被害の報道が絶えないということは、絶えることのない利用者の存在があることは疑いのない事実です。

銀行や金融会社での資金繰りはよほどの優良債務者でない限り扱ってもらえず、倒産が相次ぎ、リストラ、失業の嵐が吹き荒れるなど不景気の世の中でもがく人こそが、お金を必要としているのに、そんな人たちだと話すら聞いてもらえないこともあります。

そして、最初は丁寧な応対で誘いかける闇金まで流れてしまうというわけです。

ただ、そこで闇金業者の罠にはまると状況が一瞬ぐらいは好転することもあるかもしれませんが、その後は転落するばかりです。

人生の節目には、万全の注意を払って進む道を決めていかなければいけないのです。

\おすすめ1位のプロミス/