\即日キャッシングおすすめ1位/

トップページ > 京都府

「今すぐお金が必要になってしまった」
「即日振込キャッシングを受けたい!」

当サイトでは京都府で即日振込キャッシングを利用したい方に、人気のカードローンをご紹介しています。今日中にお金を借りたいなら、即日融資や即日審査に対応している大手消費者金融だと、最短1時間での融資が可能ですのでおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日振込キャッシングはこちら

<24時間365日申込OK! スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 京都府の派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 京都府の派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

京都府の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

キャッシングの基礎知識コラム

一般によく聞くキャッシングで支払いを怠っていたら差し押さえをされるというのは本当のことなのでしょうか。

実際に私もキャッシングをした経験があり、何度か滞納を経験しましたが、差し押さえになった経験は一度たりともありませんでした。

滞納を何度もしてしまったら差し押さえになる場合があるかもしれません。

キャッシングという物は短い期間の小口融資を意味する物である事に対し、カードローンとは長い期間で行う大型融資を表す事といった風な所が違うと一般的に言われています。

そのため、実際使う時には覚えておきたいキャッシングの世間的な決まり事として返済方法は翌月に一括払いでの支払いとなりますが、カードローンですと、長期的な返済の方法、リボ払いとなります。

そのため、一般的に金利はカードローンを使った方が高くつきます。

雇用形態が契約社員だったとしても定期的に収入があれば、カードローンの利用が可能です。

その審査で最も重視されるのは、今まで契約社員として勤務した期間です。

これまでに勤務先が変わっていても、派遣元の会社に在籍している期間が長ければ差し支えありません。

なお、社会保険証を所持していればそれも提示することで、審査で優遇されるメリットがあります。

金融機関が提供しているキャッシングサービスを利用する最大の強みと言えば、最も手軽ということが挙げられます。

一般的に、担保も保証人も用意する必要はありませんし、審査がすぐに終わるのも嬉しいです。

最寄りのATMから返済したり、銀行口座から引き落としたりと、返済方法も自分で選べるもの魅力的です。

とはいえ、キャッシングの利便性の高さが良いことばかりとも限りません。

何の苦労もなくお金が借りられるので、安易に借り入れた結果、返済金が用意できなくなった人も多いのです。

クレジットカードとは別の、お金を借りるときに使うカードはまだ限度額に達してなくても、余った分を買物に使用できません。

ただ、クレジットカードに付随するキャッシング枠では、その分の現金を借入れることができます。

クレジットカードを使った借入は情報上はカードローンを利用したときと同じように、年収の3分の1以上の借入が禁止となる規制の対象です。

\おすすめ1位のプロミス/