\即日キャッシングおすすめ1位/

トップページ > 熊本県

「今すぐお金が必要になってしまった」
「即日振込キャッシングを受けたい!」

当サイトでは熊本県で即日振込キャッシングを利用したい方に、人気のカードローンをご紹介しています。今日中にお金を借りたいなら、即日融資や即日審査に対応している大手消費者金融だと、最短1時間での融資が可能ですのでおすすめです。

\24時間365日申込OK!PCスマホ対応/
即日振込キャッシングはこちら

<24時間365日申込OK! スマホ対応>
実質年率限度額審査時間
4.5%~17.8%500万円最短30分
  • 今日中に借りれます(三井住友銀行やジャパンネット銀行をはじめとした、24時間振込可能な金融機関の口座をお持ちなら、いつでも原則最短10秒でお振込可能です。)
  • 熊本県の派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • WEB完結サービスが利用できるので家族にバレるリスクが他社より低い
  • 限度額と関係なく1,000円単位で必要なだけ借りれます
  • メールアドレス登録とWEB明細サービス登録で30日間無利息です
  • 50万円以下なら収入証明書の提出が原則不要です
  • スマホなら専用アプリでいますぐ書類審査の申し込みができます
  • 審査に不安があるけど今すぐ借りたいなら条件が整ったプロミスが正解です

【返済について】
プロミスは、借り入れ後の残高に応じて毎月の返済金額が変動します。例えば、2万円までは毎月1,000円、5万円までなら月2,000円というように支払い額もスライドしていきます。毎月の最低支払額が控えめに設定されているので無理なく返済していけるから安心です。

即日融資に対応
実質年率限度額審査時間
3.0%~18.0%800万円最短30分
  • 今日中に借りれます(お申し込み時間によっては翌日になることもあります)
  • 熊本県の派遣社員契約社員の方はもちろん、主婦学生でもアルバイトやパートをしているなら借りれます
  • 契約日の翌日から30日間利息0円になるサービス

【返済について】
アイフルは、通常の毎月払いに加えて35日サイクル制という仕組みがあり、この期間内に返済を行うことで次回の返済期日が延長されるという仕組みを導入しています。返済金額は、借り入れ額ごとに変動しますが10万円までは4,000円(サイクル制は5,000円)以上を毎月返済していくことになります。

熊本県の貸金業者登録一覧

金融庁によって公開されている財務局に登録がある業者の一覧表です。
正規に登録された貸金業者なのか無登録の悪質業者なのかの見極めにご活用下さい。
令和2年3月31日現在
【全業者数:275】

参考リンク:
貸金業者登録一覧
登録貸金業者情報検索入力ページ

キャッシングの基礎知識コラム

キャッシングで早く簡単にお金を借りる方法は、パソコンやスマホでインターネット申し込みをすることがおすすめです。

お店に来店する必要もなく、家などでくつろぎながら四六時中いつでも申込みできてありがたいです。

web審査も素早くて平均1時間程度で審査結果が分かるので、すぐに契約手続きができます。

基本的に、銀行でカードローンを使うには、そこの銀行口座を持っていなくてはいけませんが、そればかりでなく、口座を持っていなくても利用可能なところがあります。

そこでは無人契約機があって、それを使ってキャッシング用にカードが発行できます。

作成したカードでATMを利用して引き出しが行えるので、銀行口座がなくても利用可能なのです。

カードローンに少しでも得を求めるなら、業者が設けている無利息期間サービスを利用しましょう。

全ての業者が同じ期間を設けている訳ではありませんが、大体契約から30日間としているところが多く、この期間内であればいつ返済をしても利息0円で済ませられます。

サービス期間が過ぎてしまったとしても、期間内の利息は請求されません。

利息の請求はサービス期間の後の日数分です。

キャッシングでは収支のバランスをとることが大事です。

返済(支出)を考えると借入先が1カ所のほうが残高をイメージしやすいので、コツコツ返済していけば良いだけなのでラクだと言われています。

ただ、もうひとつぐらいなら借入先を増やすべき例があるのを忘れないようにしましょう。

2社目より1社目のほうが金利が高いときや融資枠の上限が高いなどの違いがあれば、1社だけに絞ると逆に損するケースがあるときは別の会社からの借入を検討する価値があると思います。

消費者金融や銀行と契約し、融資を受けることをキャッシングといいます。

ちなみに、キャッシング枠がついたクレジットカードを使ってお金を借りる方法も代表的なキャッシング方法のひとつです。

たくさんの業者がキャッシングサービスを提供していますが、そのうち、消費者金融や信託会社など、銀行以外の業者は「ノンバンク」として、銀行系のサービスとはカテゴリーを分ける場合が多いです。

なぜかというと、銀行で契約を結んだ場合と、それ以外の業者と借入契約を結んだ場合、施行される法律が違う為です。

具体的には、前者は銀行法に則って運営され、ノンバンクの場合は貸金業法が該当します。

\おすすめ1位のプロミス/